離婚で迷ったら相談相手を探し出す

CALENDAR

2018年4月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

離婚の相談はここでしよう!

毎年たくさんの人が結婚する一方で、残念ながら何割かは最後まで添い遂げる事なく離婚してしまいます。そんな離婚の相談をするにはまず離婚カウンセラーです。離婚カウンセラーは離婚する事を前提とするのではなく現在の状況を判断し離婚すべきかどうかといった事も含めて夫婦関係の相談に乗ってくれる場所です。まだやり直したい気持ちがあったり離婚すべきか迷った時に利用しましょう。1時間あたり数万円の相談料となる事が多いようです。
次に弁護士です。離婚に関わる法律に関してのプロフェッショナルであり、離婚調停や訴訟、親権などについて相談する事になります。相談料は無料の場合もあり有料の場合でも1時間あたり1万円ぐらいまでとなります。その後離婚が成立した場合は着手金や成功報酬を支払う事となりますが、金額は事案によって変わりますので事前に確かめておきましょう。
家庭裁判所では離婚の内容に関してではなく、離婚に関わる調停や訴訟といったものの手続きなどの相談をする事が出来ます。料金は無料です。手続きに関する相談をする場所なので親権についてなど離婚の内容に関しては専門外となります。探偵会社や調査会社もあります。こちらは離婚の判断をした後に不倫の証拠などを集める為に相談する場所となります。料金や質などには大きな差があり、中には悪質な業者も存在しますから弁護士に相談してから利用するのもいいでしょう。

一人で悩まずに相談して進む離婚

家族の時間が減った、結婚当初の愛が無くなった、どちらかの浮気、意見の相違が多いなど様々な理由で離婚する夫婦は増えています。男女で離婚への捉え方も違ってくるので、お互いが自我を主張するだけではなく、第三者に相談し、客観的に見た状況判断や分析が必要となってきます。
まず、上手に関係が絶てる離婚というものはそもそも少ない割合です。基本的には揉めたり、離婚調停が長引いたりします。どちらかに非が傾いていれば離婚も相談なしで簡単に進められるのかもしれませんが、そういう事例ばかりでは無いのです。離婚を思いついたのであれば、まずは身内に相談することから始めましょう。そこでも離婚したい気持ちが納まりそうになければ、法律時事務所や離婚相談所に行きましょう。やはり、プロの意見を聞くことが一番の手がかりになるでしょう。
離婚には種類があります。協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚など夫婦の揉め具合によってその種類が変わってきます。夫婦の間に子供がいれば、親権や養育費や教育費の問題で、また別の揉め事が発生きてしまう場合もあります。他にも家や家具などの資産の分配などでも問題があるので、離婚について様々な難関が待ち構えているのです。一人で悩まずにプロに相談するのが離婚への一歩に繋がるでしょう。

Copyright(C)2017 離婚に向けて心強い味方になってくれる弁護士に相談することが大切 All Rights Reserved.